「キャメロット英語塾」タグアーカイブ

キャメロット英語塾からのお知らせ

不規則変化をする動詞の覚え方

不規則変化をする動詞を覚えるときは、原形のスペルが似ている動詞は同じような変化をする場合が多いので、こういったものをまとめて覚えるようにすると効率良く覚えられます。

以下に例を挙げますが、自分でいろいろ工夫して覚えてみましょう。

変化しないグループ(原形-過去形-過去分詞形が同じ)
(A→A→A型)

・cost – cost – cost「(費用が)かかる」
・cut – cut – cut「切る」
・hit – hit – hit「打つ」
・hurt – hurt – hurt「ケガをする」
・let – let – let「させる」
・put – put – put「置く」
・quit – quit – quit「やめる」
・set – set – set「(定まった場所に)置く」
・shut – shut – shut「閉じる」
・split – split – split「割る」
・spread -spread – spread「広める」


過去形と過去分詞形が同じグループ(A→B→B型)

単語の語尾のay→aidに変わる動詞
・say – said – said「言う」
・pay – paid – paid「払う」
・lay – laid – laid「横たえる」

単語の語尾がoughtに変わる動詞
・bring – brought – brought「持ってくる」
・buy – bought – bought「買う」
・fight – fought – fought「戦う」
・think – thought – thought「考える」

単語の語尾がaughtに変わる動詞
・catch – caught – caught「捕まえる」
・teach – taught – taught「教える」

単語の語尾がd→t→tに変わる動詞
・build – built – built「建てる」
・lend – lent – lent「貸す」
・send – sent – sent「送る」
・spend – spent – spent「費やす」

スペル中の長母音が無くなりtで終わる動詞
・feel – felt – felt「感じる」
・keep – kept – kept「保つ」
・meet – met – met「会う」
・shoot – shot – shot「撃つ」
・sleep – slept – slept「眠る」
・leave – left -left「出発する」

スペルの語尾にtがつく動詞
・deal – dealt – dealt 「分配する」
・mean – meant – meant 「意味する」

その他
・get – got – got「得る」
・forget – forgot – forgot「忘れる」
・stand-stood-stood 「立つ」
・understand-understood-understood 「理解する」


過去形と過去分詞形が違うグループ(A→B→C型)

スペル中の短母音がi→a→uに変わる動詞
・begin – began – begun「始める」
・drink – drank – drunk「飲む」
・ring – rang – rung「鳴る」
・sing – sang – sung「歌う」
・sink – sank – sunk「沈む」
・swim – swam – swum「泳ぐ」

スペルの語尾が過去形w、過去分詞形wnに変化する動詞
・blow – blew – blown「吹く」
・draw – drew – drawn「描く」
・flow – flew – flown「流れる」
・fly – flew – flown「飛ぶ」
・grow – grew – grown「育つ」
・know – knew – known「知っている」
・throw – threw – thrown「投げる」

スペルの母音が過去形o、過去分詞形i+語尾にenに変化する動詞
・drive – drove -driven「運転する」
・rise – rose – risen「昇る」
・ride – rode -ridden「乗る」
・write – wrote – written「書く」

その他
・give – gave – given「与える」
・forgive – forgave – forgiven「許す」
・mistake-mistook-mistaken 「間違える」
・take-took-taken  「取る」


原形と過去分詞形が同じグループ(A→B→A型)

・come – came – come「来る」
・become – became – become「なる」
・overcome – overcame – overcome 「克服する」


 

キャメロット通信 5月号

【2018年5月のグループレッスンクラスのお休み】
毎週日曜日、3~5日、15日、16日


【6月分月謝、雑費・維持費口座振替日】5月28日(月)
6月が入会月の場合は月謝の他に雑費・維持費(税込年額5,400円)の合計額が振替になります。


【5月末で休・退会時の書類提出締切日】
5月10日(火)までに教室必着。
この日を過ぎますと6月分月謝まで発生となりますのでご留意ください。


【5月のフォニックス無料講座】
①26日(土) 【入門】11:00-11:30 【応用】11:30-12:00
各回定員4名、先着順、定員になり次第締め切り
②28日(月) 【入門】17:00-17:30 【応用】17:30-18:00 各回定員4名、先着順、定員になり次第締め切り
対象はアルファベット大・小文字を書くことができる生徒です。参加希望者はメールにてお申し込みください。


【5月の英検一次試験対策グループレッスン】
通塾生のレッスン料金は540円/回、それ以外は2,160円/回です。レッスン料は出席1回毎に現金にて集金します。各級とも参加希望の場合は必ず前日までにメールでお申し込みください。先着順、定員になり次第締め切ります。
【5級】 月曜日18-19時(7日、14日、21日、28日)
【4級】 ①月曜日19-20時(7日、14日、21日、28日)、②金曜日17-18時(11日、18日、25日)
【3級】 ①火曜日18-19時(1日、8日、22日、29日)、②土曜日16-17時(12日、19日、26日)
【準2級】 土曜日17-18時(12日、19日、26日)
【2級】 月曜日20-21時(7日、14日、21日、28日)


【当塾での2018年度第1回英検実施日程について】
実施日は2018年6月2日(土)


【2018年度第1回英検Jr. 受験案内】
英検Jr.は英語学習歴半年位以上から受験できる、合否判定がないリスニングのみの育成型テストで、各グレード共、正答率で結果が表示されます。解答方式は問題の英文を聞いて〇を付けるだけです。当塾のテスト実施予定日は6月9日(土)、6月11日(月)、6月16日(土)の3日間を予定しています。
受験希望者は添付の教室用申込用紙に記入の上、受験料を添えて5月19日(土)までにお申し込みください。
受験申込者は2018年6月17日まで、英検Jr.公式オンライン学習教材の一部が無料で利用できます。

キャメロット通信 4月号

  1. 2018年4月のグループレッスンクラスのお休み
    毎週日曜日、30日(月・祝)
  2. 5月分月謝、雑費・維持費口座振替日
    4月27日(金)
    5月が入会月の場合は月謝の他に雑費・維持費(税込年額5,400円)の合計額が振替になります。
  3. 4月末で休・退会時の書類提出締切日
    4月10日(火)までに教室必着。この日を過ぎますと5月分月謝まで発生となりますのでご留意ください。
  4. 4月のフォニックス無料講座
    ①23日(月)
    【入門】16:00-16:30 【応用】16:30-17:00
    各回定員8名、先着順、定員になり次第締め切り
    ②21日(土)
    【入門】11:00-11:30 【応用】11:30-12:00
    各回定員4名、先着順、定員になり次第締め切り
    対象はアルファベット大・小文字を書くことができる生徒です。参加希望者はメールにてお申し込みください。
  5. 4月の英検一次試験対策グループレッスン
    通塾生のレッスン料金は540円/回です。レッスン料は出席1回毎に現金にて集金します。各級とも定員がありますので参加希望の場合は必ず前日までにメールでお申し込みください。先着順、定員になり次第締め切ります。
    【5級】 月曜日18-19時(2日、9日、16日、23日)
    【4級】 金曜日17-18時(6日、13日、20日、27日)
    【3級】 ①火曜日18-19時(3日、10日、17日、24日)、②土曜日16-17時(7日、14日、21日、28日)
    【準2級】 月曜日19-20時(2日、9日、16日、23日)
    【2級】 月曜日20-21時(2日、9日、16日、23日)

英検ライティング試験について

2016年度から英検がCSEスコアを採用した結果、入試や就職の優遇で英検を使おうと思った場合、2016年度以降の合格(準2級と3級は2017年度以降)でないと優遇されない場合がでてきています。2016年から始まった問題変更の一番大きな点はライティング試験が採用され4技能となった点ですが(現在1級~3級まで、4級、5級は準備中)、面接も以前と比べ3級でもかなり話さなければならなくなっています。
以下、ライティング試験についてまとめましたのでご参考にしてください。


【準1級】

2015年度までは手紙やEメールに対して100単語程度の返事を書く問題でしたが、2016年からはTOPICに対して与えられたPOINTSから2つを用い、序論、主節、結論を含む120~150語の小論文を書く方式になりました。

2016年度以降の問題例
TOPIC
Will humans live on other planets someday?
POINTS
Cost, Dangers, Situation on Earth, Technology

解答例
Colonizing other worlds once seemed like science fiction. However, scientific advances and increased threats to humankind’s survival are making it a near certainty.
First, tremendous progress has been made in developing the necessary technology. Innovations like reusable rockets will facilitate the transport of the people and materials necessary to support colonies on other planets. Scientific advances are also reducing costs, making colonization more practical.
Second, the combined threat of global warming, nuclear war, and disease outbreaks has the potential to wipe out humanity. As the fragility of human existence on Earth becomes clear, the will to devote resources to colonizing other planets is growing. Now, there is so much momentum behind it that the movement is certain to succeed.
Colonizing other planets is not without obstacles. However, technological development will allow humans to colonize other worlds in order to lessen threats to human survival.


<2級>
TOPICについて80語~100語を目安に、自身の意見とその理由を2つ書く。POINTSは参考となる観点を示したものだが、これら以外の観点からから理由を書いてもかまわない。

TOPIC
Some people say that the number of cars in cities should be limited. Do you agree with this idea?

POINTS
Convenience, Public safety,  The environment

解答例
I agree that the number of cars in cities should be limited, and I have two reasons for feeling this way. First, if there were fewer cars, city streets would be safer. Crossing the street would be far less dangerous for people on foot or on bicycles.
Second, fewer cars would also be better for the environment. Cars produce a lot of harmful gases, and limiting them might encourage people to use public transportation like trains or buses. This would make the air cleaner.
Therefore, I think that the number of cars in cities should be limited.


<準2級>
外国人の知り合いからされたQUESTIONについて、50語~60語を目安に、自身の意見とその由を2つ書く

QUESTION
What is the best way for students to spend time after school?

解答例
I think students should do their homework after school.  Nowadays,
teachers give lots of homework.  If students do not spend time doing their homework after school, they cannot finish it.  Also, homework helps them learn new things. These things are important for their future.  That is why I think doing homework is the best way to spend time after school.


<3級>

外国人の友達からされた以下のQUESTIONに対して、25語~35語を目安に、自身の考えとその理由を2つ書く

QUESTION
Which city do you want to visit?

解答例
I want to visit Sapporo because I want to go to the famous snow festival in winter. Also, there are many delicious foods to enjoy in Sapporo. For example, sushi and crab.

英検CSEスコアについて

英検は、2016年度第1回検定から新しい成績表「CSEスコア」を採用し、国際標準規格CEFRに対応しました。

2016年度第1回からは採点方式も変わり各級の合格基準スコア(英検CSEスコア)も固定になりました。各級共、4技能毎に合格基準点が設けられており、合格するためにはどの技能もバランス良く得点できていることが重要になります。

英検公式サイト内の「英検CSEスコアでの合否判定方法について」では今後の合否判定方法が詳しく解説されていますので、ご参考にしてください。

また「CSEスコア確認システム」では、2005年度から2015年度までに受験した成績に対するCSEスコアを確認することができます。

フォニックス基本42発音

基本のフォニックス42発音を学ぶための教材(YouTube)です。

どんな言語を学ぶときにも言えることですが、発音を練習するためには実際に発音するときの口の形や舌の位置を見て確認できる教材が良いです。

イギリス英語での発音は以下のURLです。

アメリカ英語での発音は以下になります。